イオス150チタンパラモーター(19kg)の製作依頼がありましたので掲載します。基本が理解できれば簡単に組み上げることは可能ですが、それが難しい方や面倒な方はご相談下さい。イオスパラモーターは大きく3種類のフレーム(マルチチタン、スカイマックス、エアーコンセプション)でキット販売されています。

今回はマルチチタンフレーム(最軽量/最強度/低価格)に搭載します。

▼エンジン、スペーサーブロック(30x80) ユニクロ半ネジキャップボルト(M8x90)

マルチチタンシャーシ(1.5kg)に取り付けします。

▼エアーボックス取り付け       ▼タンク取り付け

ポリタンクは、以前はロボメック製(ミニプレーンなど)でしたが、今回からはセラミック燃料フィルターと空力特性に優れるエアーコンセプション製にアップグレードしました。

ソフトタンクはAC製とスカイマックスを選択可能です。1kgの軽量化と失敗しての着水時のうつ伏せ姿勢からの安全性が大きく向上します。タンク用のエアー抜きチューブがないので車内がガソリン臭くならないこともメリットです。

 

レギュラーハーネスは座板付きで、ワスプとスカイマックスと同じものです。純正スープエア(3.5kg)よりACスープエアは1キロ軽く2.5kg で、レギュラーハーネスは2kg , アプコスプリットレッグハーネスは1.5kg です。座板のないスプリットレッグはハーネスに座る苦労がまったくなく、体重移動もしやすく素晴らしい。

 

▼燃料チューブ、ポンプ取り付け     ▼アース用コネクタ

マウントプレートに取り付けるアースは、丸型圧着端子でかしめてください。プライヤーでは無理です。スロットルの配線を直接接続してもよいし、接続端子で繋いでもよし。

 

すべてを軽いもので、強度抜群のチタンのパラモーターは、イオス150で18.5kg , イオス100ブースターで16.5kg , 10年前の最軽量パラモーターの半分の軽さです。

 

今日はここまで。続きは明日。

「パラグライダー浜松」よりニトロ200、トルネード280のクラッチ交換のYouTube動画をお知らせします。このビデオは旧タイプの4本足クラッチのスプリングOリングが切れて、外側カップのクラッチベルのシューが削れてなくなり、クラッチアッシー交換です。

 

 

ニトロ200、トルネード280のエンジンだけでなく、そもそも遠心クラッチというものは消耗部品です。摩擦と摩耗によって外側カップ(クラッチベル)のシューが擦り減っていきます。内側スプリングは遠心力で外側へ広がりつながります。それは構造上Oリングスプリングが担います。ベルのシューがなくなってそのまま使い続ければ、そのうちバネも切れて壊れます。基本的な構造と経年劣化を理解する必要があります。よく顧客からクラッチの交換タイミングを聞かれますが、それは何年、何時間とは言えなく、使用方法で大きく変わります。アイドリングか、完全にクラッチがつながる回転域で使用することがベストです。中途半端に3000rpmあたりで運転すれば擦れて減ってしまいます。

今日はニトロ200の慣らし運転とバランス調整のため東京から来ました。

ニトロ200、トルネード280 のセルモーターですが、ピニオンギアだけの供給を、「パラグライダー浜松」では可能にしました。セルモーターはコイルと磁石とギアとアウターパーツで構成されています。エンジン始動するまで延々とセルを回せば壊れて当然のことです。エアーコンセプションでは2秒以内としています。そもそも1秒以内で始動しないのは何らかの原因があります。タンクからキャブまでポンプアップするためにセルを回し続けることは間違いです。燃料ポンプ、又は口吹きでキャブまで汲み上げてからエレクトリックスタートするのが正しい方法です。リコイルスターター(プルスタート)を想像すれば明らかで、0.5秒以内で始動します。まぁそれでもなお必要以上にセルを回して壊れた場合は、ギアだけの購入が可能になりました。写真をご覧ください。

 

 

アドベンチャーパラグライダー 試乗機あります。

各種プロペラ、キャンペーン価格で販売中。

トルネード280 販売開始しました。

イオス150パラモーター 発売記念キャンペーン中

お問い合わせ メール paramotor@sky.plala.or.jp 電話 090-1112-3868 クボキ 

LINE +81 90 1112 3868

秋のキャンペーン特別価格 ニトロ本体価格65万円〜 スカイマックス67万円〜

弊社ではご購入されたパラモーターは、本人が浜松まで来て頂ければ、組み立てや重要事項説明と慣らし運転を無料で行っています。現実的にニトロ200、トルネード280を背負って5000rpmでの慣らしは推力測定の固定台がなければ難しいと思います。買い足し部品の回転計、燃料ポンプ、イリジュームプラグなどのサポートします。慣らし後はハーネスセッティングなどシミュレーターで行うことができます。風が良ければテストフライトもその場で実施可能です。

 

 

アドベンチャーパラグライダー 試乗機あります。

各種プロペラ、キャンペーン価格で販売中。

トルネード280 販売開始しました。

イオス150パラモーター 発売記念キャンペーン中

お問い合わせ メール paramotor@sky.plala.or.jp 電話 090-1112-3868 クボキ 

LINE +81 90 1112 3868

秋のキャンペーン特別価格 ニトロ本体価格65万円〜 スカイマックス67万円〜

ニトロ200、イオス100ブースター / 150 のキャブレターはWB-37 の改良モデルです。

一般的なダイアフラムキャブは同じような構造です。定期的にクリーニング・メンテナンス・リペアをする必要があります。

メカ音痴の方でも慎重に行えばできることですが、組み直すときに間違えないことです。間違いあるあるは、ダイアフラムとガスケットの位置関係で、両側のフタを外すと黒いゴムとガスケットがくっ付いていますが、片側とも違うのでフタ→ゴム→ガスケット→本体と、フタ→ガスケット→ゴム→本体をよく観察してください。ダイアフラムの中央にあるポッチはメタリングレバーに挟みこんでください。ポッチがないものはその必要ありません。

最初はエンジンから取り外し外側をパーツクリーナで完全に掃除します。軍手は不可で繊維が悪さをします。その後はクリーンな室内でしてください。メンテの基本はエンジンの調子が悪く吹け上がりや始動性が悪くなってからするのではなく、そうなる前に正常な状態に保つことだと思います。特にメッシュフィルターを定期的にクリーニングする必要があります。動画をご覧ください。

 

 

WB-37 キャブレタースタンダードセッティング 全閉より緩めてください。

 

トルネード280 Hi : 1回転+5分 / Lo : 1回転 ファインセッティング 55分 それ以上に緩めないでください。

アイドリング 2200rpm アイドリング回転数がそれ以下または不安定な場合はアイドリングスクリューで調整。

 

ニトロ200 Hi : 1回転 / Lo : 1回転

 

イオス150 Hi : 1回転+20分 / Lo : 1回転+10分
 

イオス100ブースター Hi : 1回転+15分 / Lo : 1回転+30分 / WG-8 1回転+30分

 

 

Walboroキャブの構造を知ろう

 

http://okkart.web.fc2.com/tecinfo/wal_barasi/walbo01.html

 

WASP 及びマルチチタンフレームのケージネットですが、頭の後ろにネットを追加で張る方法です。安全性が向上します。

 

 

アドベンチャーパラグライダー 試乗機あります。

各種プロペラ、キャンペーン価格で販売中。

トルネード280 販売開始しました。

イオス150パラモーター 発売記念キャンペーン中

お問い合わせ メール paramotor@sky.plala.or.jp 電話 090-1112-3868 クボキ 

LINE +81 90 1112 3868

夏のキャンペーン特別価格 ニトロ本体価格65万円〜 スカイマックス67万円〜

トルネード280 ご予約受付開始しました。

イオス150パラモーター 発売記念キャンペーン中

お問い合わせ メール paramotor@sky.plala.or.jp 電話 090-1112-3868 クボキ 

LINE +81 90 1112 3868

春のキャンペーン特別価格 ニトロ本体価格65万円〜 スカイマックス67万円〜

トルネード280 ご予約受付開始しました。

イオス150パラモーター 発売記念キャンペーン中

お問い合わせ メール paramotor@sky.plala.or.jp 電話 090-1112-3868 クボキ 

LINE +81 90 1112 3868

秋冬キャンペーン特別価格 ニトロ本体価格65万円〜 スカイマックス67万円〜

キャブとスロットルワイヤーの接続部品の名称がよく分かりませんが、

黒い樹脂製の丸い部品にワイアーエンドを接続すると、

ハンドスロットルの開度がシビアになります。

ボケボケの写真参照。握りを40%でフルスロットルになってしまいます。

 

 

パラモーターの、一般的な接続に変更したところ、

ハンドスロットル(握りの開度)は100%になりました。

スラロームなどのレース仕様との区別がつきました。

 

…ここらへんは、明日リポートします。

 

--------------------------------

 

一般人はあまりパワーを求め過ぎないようにした方が良いかもです。

体重80kgまでなら、EOS100で十分な出力です。

9.6kgのエンジンで 20.4馬力 推力50キロは、

HEのR125 13.5kgの性能を上回っています。

 

てっぱんの、Top80 11.7kg は、15馬力

 

EOS100Boosterは、9.7kgのエンジンで 21.6馬力 推力55キロです。

130cmペラでは、推力60キロです。polini130を上回ります。

クボッチーは、これに乗ってます。

 

--------------------------------

 

デルタニトロ200パラモーター プルスタートをキャンセルしました。

代わりに、E-ニトロ(セル付)を2台注文しました。

来年の夏にはタンデムでフル稼働します。

絶好調のモスターはどうしよう…

 

ニトロ200ccエンジンは11.3kg (pull start) 28hp 高出力。

圧倒的に軽い。トップと同じくらい。

セル付は、 11.9kg  プラス0.7kg は、たまらない。

 

Delta Nitro 200 paramotor 20.1kg / E-NiTRO  -kg

アルミシャーシ・カーボンロッド・アルミループ

 

18kg チタンフレーム


web パラグライダー浜松


マルチチタンフレーム


オゾングライダー webページ


プロデザイン X-FIRE


新発売ATOM80 webページ


新発売トルネード280
パラモーター webページ


新発売イオス150エンジン
パラモーター webページ


AC デルタニトロ200cc 20kg


スカイマックスwebページ


新発売E-Propsシミタール


モノカーボンペラ


木製バーチペラ


イオスパラモーター EUR4000


モスター185パラモーター EUR4000〜


トップ80パラモーター EUR4350〜


ミニプレーントップ80 EUR4600


R90 / 125パラモーター EUR4000〜


アドベンチャー PLUMA


アドベンチャーパラグライダー


スカイパラグライダーズ



提供: ja.exchange-rates.org

ワスプ"チタン"フレーム
+ タンク 4.5kg


ワスプパラモーター 19.5kg


イオスエンジン 9.7kg


HE MLV 125






■タンデム体験カレンダー
は体験タンデム予約満席です


ご予約はこちら

 ■ Q&A よくある質問

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

天竜川エリア フライト動画

■パラモーターM松 2016

■パラモータータンデム YouTube

Archive

Selected Entry

Comment

  • Moster New Electric Starter
    舘岡広行
  • EOS240 4 stroke.
    島本等
  • naho Eos100booster
    菜帆
  • 三重パラエリア 試乗会 Eos100&Nitro200
    naho
  • パラグライダー浜松 2014.09.13.坪井町海岸
    akiko
  • パラグライダー浜松 2014.09.13.坪井町海岸
    akiko
  • 浜松市坪井町海岸 6/3(火)
    akiko

Profile